きつくてもやりがいがあるから続けられる

IT業界は仕事がキツイというイメージがありますが、それでも仕事にやりがいを感じて働いている人もたくさんいます。

この「やりがい」を感じられるかどうかがIT業界の仕事への適正、わかりやすくいうならば「向いている」か「向いていない」かの違いと言ってもよいかもしれません。

たとえばプログラミングの仕事をしているなら、自分がゼロから作り上げたプログラムが正しく動作したときに達成感や喜びを感じるといいます。

プログラマーの仕事の場合、コツコツと何かを作り上げること、そしてその結果何かが出来上がるということにやりがいを感じられる人に適性があると言えます。

携帯電話などの開発に関わっている人なら、自分が最先端の製品を作っているということ自体に誇りとやりがいを感じている人もいるかもしれません。

また、基本的には一人で作業することの多い仕事ではありますが、規模が大きくなると作業を分担し、仕様書などを元にチームで仕事に取り組むこともあります。

みんなで何かを作り上げることにやりがいを感じることの出来る人もプログラマーとしての適正があるかもしれません。

WEBデザインに関する仕事やアプリケーション開発の仕事ならまた違ったやりがいがあります。

このように「やりがい」を感じるポイントはたくさんあります。

つらい、キツイの先に何かが見えるのであれば、その仕事に適性があるということです。

まずは、続けてみることで感じることのできるやりがいもあるのです。

また、プログラマーと一言でいっても働き方はさまざまです。派遣されて開発に携わる人もいます。自分に合った就業方法を探してみるのもよいかもしれませんね。

参考までに「派遣応援団!プログラマーズルーム

Write a comment